スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

基本手技22

7月は基本手技。
卒業生のSDさんが参加。
今後月イチのペースで
授業に参加されるみたいな話。
開業して半年たったそうですが
やはり内弟子の頃よりも
さらに落ち着き(たぶん自信でしょうね)と
懐がひろくなったような気がしました。



さて、前半は症例別の残り分の講義。

たとえば患者さんの健康に関する質問に
こたえるときにも役立ちそうな
情報や豆知識などの紹介と解説といったもの。


・動脈・静脈・リンパ

毛細血管の構造は筒状の管と考えない方が
分りやすいかも
管を形づくっている細胞の隙間を滲み出るようにして
血液が移動していく
その際に血流の10~15%くらいがリンパ管の方へと
分流して心臓へと戻って行く

つまりリンパは心臓への戻り専門の
バイパス道のようなもの


・筋肉

筋肉の性質
速筋(白筋)…瞬発的な運動で使われる
遅筋(赤筋)…持続的な運動  〃

筋肉の性質やつき方は体質遺伝によるが
トレーニングでもある程度つくることができる


・成長ホルモン

成長ホルモンは細胞を活性化させる
夜間に分泌される
傷を早く治したければ夜の睡眠を充分にとるとよい


・運動と運動後のケア

筋肉を使った後は体があたたかい
体が熱を持っている状態
 =筋肉が熱エネルギーを作っている

運動はすでに終えているのに
筋肉は依然として熱エネルギーを産生し続けている
 この熱エネルギーが疲労物質となる

なるべく疲労物質を溜め込まないためには
熱エネルギーの産生を抑制すればよい→アイシング



☆きょうのメモ

情報は新しいものに価値があるとされるのが常だけれど
本来の体の仕組みとか働きなどといった基本は
ほとんど変わらないといってもいいのではないかと
自分では思っている。
その意味で、同じことでも言い方や視点を変えることで
くり返し話せる手腕も大切かもなと思う。
そのためには自分がそれを理解していることが大前提。

つまり、早い話がいつもの結論に戻ってくる。



手技の確認

速すぎる
落ち着いて上っ面にならないように
遊びを取る状態へのもって行き方は手早く
姿勢(首筋の解放)・体の位置取り・目線の方向
足指の使い方(姿勢の安定)など

関連記事
.05 2010 基本手技 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。