スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

症例別09

今月は症例別。
これで3巡めとなるのですが、
ようやく内容について理解できる基礎が
できてきたのかなという感じです。


症例別の授業は座学が中心ですが、実習もあります。
実習のときにしても
手順や要領の確認は当然なのですが、
今回はふと実際の現場を想像してみたりする自分がいて
ちょっと驚きました。
とはいえ、患者さんと自分しかいないんだから
頼れるのは自分だけなんだよなぁなんてようなことを
ちょこっと思っただけなんですが
我ながら変わったもんだと思ったり。

でも、そういう観点で講義をきいていると
何となくですが、いままでとは違ってくるみたいな気がします。

交替でベッドに横になって全身のバランスをみるときも
たとえ多数決で診断とはいわれても
「自分はどう思うか」ということにこだわったり。
そうすれば必然的に「その根拠は?」と自問することになるし
自分なりの判断を下す練習にもなります。
漠然となんとなくとは言ってられないというか…
整体師は他人の身体をみさせていただくわけですから
責任がありますしね。

それと自分の中だけの問答に終わらせずに
口に出してみることも必要だなとも思いました。
仮に間違った判断をしたり
考え方が間違っていたりしても
いまなら先生にそれを指摘してもらえますし
正せるわけですから。
これもまた大切な実習なのではないかなと。
限られた時間だからこそ
意識的に主体的に学んでいかないと。

わかってはいても具体的にどうすればいいのかが
今頃になってようやくわかってきたみたい。



☆きょうの!?

全体のバランスをみる…
みようとする意識を持っているとみえてくる
ここ(をみて)!と身体が言っているような気がした。

身体に触れるとき…
表皮や表層部を透過して内部をつかむような感覚
ストレッチするときの感覚がさらにリアルになってきたみたい

トーマステストの再確認…
 骨盤をベッドと水平になるまで動かして条件をそろえた上で
 反対側の足の膝の動き方をみる
 より引き上げられる側の腸腰筋が短縮している

膝の屈曲は左右で同じ位置にそろえる
  (骨盤が立った状態になるまでがひとつの目安)



☆DBさんの告白

先頃卒業を果たしたDBさん、
なんと先月末で会社を退社したんだとか。
本人いわく、仕事の後任となるべき後輩を育てた上での
計画的行動だったとのことですが、ビックリです。
やるなぁ…

関連記事
.07 2010 症例別 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。