スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

骨格調整03

骨格調整の3回め。
先週見学されていた方も入学されました。
クラスによって生徒数にばらつきがあるらしく
月曜クラスが最多とか。

復習は自信がなく、受け手側に回り
手順と調整法を確認させてもらうことに。

骨盤帯の3方向からの調整法は
まだ3方向ごとの検査法、調整法が
整理できていません。
手順を覚えることも大事ですが
「何をチェックしているのか」
「どこをどういう状態にしたいのか」
その意味や目的を意識する習慣をつけないと
いつまでたっても解消されないのだろうと思います。



胸椎の調整(回旋制限の調整)

前回やった胸椎の調整は
伏臥位で触診し
棘突起の変位を検査、
特定した胸椎の横突起の状態を確認し
後方(背中側)に出っ張っている方に持続圧をかけて
調整する方法でした。
つまりこちらは骨格に直接アプローチしています。

今回の場合は筋肉調整で
骨格には直接働きかけていませんが
結果的には動きがよくなるのです。
調整前には回旋しにくかった方向への動きが
スムースに行えるようになります。


頸椎の調整

回旋しにくい方向からしやすい方向へ
動かしてもらいながら対抗圧とストレッチによる
首周辺の筋肉に働きかける方法と
1、2番頸椎(C1、C2)に働きかける方法
さらに頭頂部(百会穴)から足方向へと加圧することで
頸椎にはたらきかけていく方法(面圧法の一種らしい)

C1、C2は首の動きの6割近くを担っているとか。
頭部を支えて頸椎にはたらきかけて
動きを出すので、効果はあるのでしょうが
施術としてはちょっと難しかったです。
頸椎を直接とらえるのが難しいのです。
つい周辺の筋肉にはたらきかけることに
なってしまいます。

面圧では相手の腹式呼吸の呼気に合わせて
緩く弱く圧をかけていくのですが
相手に合わせる感覚は
推手のときの感覚に似ていると思いました。


腰椎の調整

腰椎調整なのになぜ12番胸椎(T12)?
そんな疑問をもちながら説明をききました。
12番胸椎は特殊な形をしています。
胸椎と腰椎の両方の動きができるような形をしています。
それはT12の上側は背部で僧帽筋と
下側は腹部で腸腰筋とつながっているからです。
T12は胸部と腰部のブリッジをなしています。
だから腰椎の調整にもかかわってくるのでしょう。

したがって腰椎の調整は
調整する方向以外の3方向の動きを固定すること
変性部位に指を当てたままにしておくことがポイント。
指先から働きかけに対する変性部の反応を感じ取ります。



 【きょうのひとこと&ヒント】
(椎骨の)形が違うのは動きが違うということ
胸の椎骨は左右に、腰の椎骨は上下に
それぞれ動くような形をしている
12番胸椎は両方の動きを兼ね備えた特殊な椎骨

一般的に筋肉は伸ばした方が硬くなる。
筋肉を等尺収縮させることで柔らかくしてから
さらにストレッチすることで
動きのよくなかった関節に動きを出せるようになる


 【個人的な課題・感想】
受者の手や脚を誘導する方向と
自分の立ち位置との関係に注意を払う
(胸先や股間など気になる部位方向を避ける)

指先でおさえている変性部位に
起きている(と思われる)何らかの変化を
感じ取ることまではできなかった。
というか、そこまでの余裕はなかったというのが
正直なところ。

ストレッチをしているときに
受者にはたらきかけているのではあるが
術者自身の身体も同調しているような感じを受けた。
なんか推手の身体感覚に似ている。
関連記事
.20 2009 骨格調整 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yuehua1.blog34.fc2.com/tb.php/5-07c62c50

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。