スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

PNF02

今月はPNF
8月のときは1回しか受けられなかったので
今月はなんとかフルを目指して…


PNFとは
筋肉と神経の繋がりを良好にする方法
人間の正常な運動を分析して治療用に開発された
リハビリなど機能回復訓練の一つとして利用されてきた

PNFの特徴
PNFパターン(対角線・螺旋運動)と呼ばれる
「回旋をともなう」独特な運動パターンを用いる

人間の動き(運動)は、関節にしても筋肉にしても
特定のものだけでは動いていない「複合的な動作」である
 複合的な動作…対角線・螺旋の組み合わせ
         ↓
人間本来の動きである「対角線・螺旋」を重要視している

動きのよくない、動きの弱い部位に
本来の動きを思い出させ、パフォーマンスを向上させるための方法

テクニック的には、促通法を用いて
筋肉や腱のなかにある筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激、
これにより神経と筋のつながりを良好にする


PNFの効用
・筋肉の柔軟性を高める
・弱い筋肉を鍛える
 (バランストレーニング、スタビライゼーショントレーニング)
 ゆっくり動かすことで弱い筋肉まで使って動くようにする

 ☆バランストレーニングの例☆
 四つん這い状態で、頭部・首・後背部を伸展させた状態にしたまま
 右手ー左足、左手ー右足の各組みごとに
 ゆっくりと地面から離して後背部と同じくらいの高さまで持ち上げる
 (接地して体を支えている脚のつま先を離して
  膝だけで支えるようにすると負荷が高くなり難しくなる)
 
 ☆スポーツ現場で使われる事例☆
 筋肉は使ったあとにゆるむという性質を利用して
 目的に応じてクイックストレッチ(動作回数を減らし急速で行う)として
 短時間で運動能力を向上させる用い方もある
 

PNFの基本要領
・運動ライン(対角線上を移動しながら回旋をおこなう→対角線螺旋の動き)
  D2ライン…運動ライン
  ゼロライン…D2ライン上に手足を伸ばした状態
  D1ライン…治療ライン

・抵抗のかけ方
  弱(初動)→強(中間)→弱(終盤)

・動きを覚えてもらい実際に動いてもらうための
 口頭指示(バーバルコマンド)
・励ましのことばがけ・ほめる(good, nice)
・マニュアルコンタクト
 安定した正確な運動方向を導き、なおかつ、
 ターゲットとしている部位をよりピンポイントで刺激するため
 手技を行う前に、手による接触(マニュアルコンタクト)によって
 あらかじめ刺激を与える


実際に上肢パターン運動を幾つか行ってみた




【きょうの“!?”】

触診の説明で…
体側横の位置から上腕部を90度開くと
肩胛骨の下角は元の位置から30度開く

「そろそろ掌で脊椎に触れながら
温度差もわかるくらいには…」
との先生のことばに
“うっ、わかんなかったけどぉ”(汗


続々と新スクール生が参加してきている昨今、
グズグズしてるわけにもいきません。
いくらなんでもマズイでしょう。
焦るとか慌てるという次元のことではなく、
出入の流れも大切な自然のバランスです。
そのように考えてます。


土曜日(基本手技)にも参加するつもりと言ってたUさん、
いよいよ背水の陣を敷く模様。
後に続きたいのは山々なんだけど、
どうもまだ法規が抜けてるみたいな私。

半年で修了できるカリキュラムなんだから
やはり程々のところで…とは思うのだけれども
あと少しばかりの時間が必要になるのかもしれない。

な~んて言ってるけど、
身についてなければ卒業させてもらえないのにっ。
なーに言ってんだか…
関連記事
.01 2010 PNF・ストレッチ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yuehua1.blog34.fc2.com/tb.php/49-ade11959

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。