スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

骨格調整16

骨格調整4週め。
きょうで骨格調整専科の方々は修了。


まずは復習からのスタート。
今回の専科受講生の方達は
飲み込み方が早いような気がします。
少なくとも私よりは確実に早い。
なにしろ私はすでに4巡め。


調整とは動きのよくない状態に
動きを取り戻すための
きっかけをつくっているようなものかと思う。
その人本来の動きを思い出すのはその人自身の体。
人為的なしわざはできるだけ少ないほうが
よいのだと思う。

経験が無いに等しいから仕方ないけれど
やはり触診もおぼつかない。
観察眼、みるべき所がわかってない。
使わなければ技も磨けない。
頭で知ってることと使える技とはイコールじゃないから。



スポンサーサイト
.01 2010 骨格調整 comment0 trackback(-)

開業05+基本手技

きょうは3名のみ、しかも女子ばかりという
月曜クラスとしてはとても珍しい光景。

開業講座は初めてではないということで
触診と基本手技をやりながら
つらつらと開業の話なども織り交ぜて…

窓辺から差し込む穏やかな光りを浴びながら
ゆったりとした展開の授業となりました。


昨日まで参加していたセミナーの名残りが
体のあちこちにあったようで
相手に触れている自分の体を感じる
相手の体を感じる
そんな状態ができているときは
自然に落ち着いた心持ちになっているもんだなと
改めて実感。


今月は認定証を手にしたいなぁ。
すぐに開業どうこうは
状況からみて難しいとは思うけれど
いまからできることは
少しずつ試していきたいとは思う。
そのためにも自分の方向性を見定めないことには。



【きょうのメモ】

久しぶりの基本手技の授業。
師匠に受けていただく。
背中:引きに移行するまでの時間をもう少し短く
腰:前回もっとも手直し指導を受けた場所だったが
今回はとくに注意は受けず
首:メリハリがなくなる。長くやりすぎ。
ゆるみ出した所で終わる

自分では落ち着いてられるかどうかがカギかと。
相手に意識を向けていられるかどうか
それがないと変化を読み取れなくなる気がする。
ゆったりと構えることだな。

.08 2010 開業・法規 comment0 trackback(-)

開業06+基本手技

きょうはスクール説明会がありました。
見学者は説明会に引き続き
通常授業にも体験参加されます。

じつはこのところ
月曜メンバーがなかなかそろいません。
仕事の都合なのですが、
入学以来いつも人気の多いクラスだったので
なんかホームって感じがせず
まったくもって慣れてないです。
でもだからといってアウェイってわけじゃなくて
アットホームな空気は変わりません。
ふとした弾みに人淋しさを感じるんですね。

そんななか、きょうから通学されるMさんがいらした♪
熱心な方みたいですね。
初心のエネルギーって気持ちいいです。


ということで、午前中に認定試験を受けることになりました。
何というのか、つかみかけては逃がしてる感じ。
それでも前回との違いは深追いしなかったことかな。
一応最後まで客観的に自分を見届けられたというか。
だけどそれだって、いつもできてるかといえば
まだまだバラツキがあるわけで。

ようやく潮目が見えてきて
できたらこのタイミングでつかめたらいいなと。
つかみたいのはヤマヤマなんだけど
思い込みすぎるとまた見えなくなるから。

なんてことがあったわけですが
師匠からは「考えすぎる」と。
考えすぎるといわれてもなぁ…

たしかに太極拳導引の師匠からも
一時期、それこそ何度となく
考えるなと指導されていたこともあるわけで。
どうも自分にはそういう段階を経て
ようやく覚るところがあるらしい。





.15 2010 基本手技 comment0 trackback(-)

基本手技25

きょうは久しぶりにOさんが参加。
彼もすでに半年を過ぎたとのこと。
早いっすよーと言ってたけど
ホントに時間が早く過ぎると私も思ったなぁ。


きょうも師匠に受けていただく。
試験じゃなくて練習だよと言われても
なんかもうそんなことは関係ないって感じです。

「それじゃ浅い」
「んー、重いんだよなぁ」

遊びをとってから引くまでの時間が長い。
突き指を怖がっている…
いろいろな言い方をしながら
伝えてくださるのだけれど
自分の状態がなかなか把握できていないから
どんどん動きが小さくなってきてしまう。
萎縮ってやつですかね。

たぶんカタチをつくることに
集中しきれていないんだな。
基本に帰れってこと。

そういえば紙一重とも言われたけれど
その一枚の表裏の違い、差っていうのが
大きいものなんだろうな。
ここが要め、キモなんだよなぁ

いまのこの足踏みは
地均しみたいなものだから
師匠がもういいと言うまでは
じっくり追求してもいいじゃないかと
思い始めたりしている。
.22 2010 基本手技 comment0 trackback(-)

整体師認定(基本手技26)

11月の最終週となりました。
今月の基本手技の授業もきょうが最終となります。
ということで…
もう一丁の認定試験です。


今までに比べ口数の少ない師匠。
私はといえば
ただただ自分の姿勢、体勢を意識して。

静かで穏やかな空気の中で
隣りでは皆が手技練習をしています。

一時間でなんとか施術を終えました。

「首がちょっとモタついたけど……合格です」


ほっとしました。
うれしさよりも安堵した感じの方が、正直強かったです。


きょうは女性ばかり4名。
今月から勉強を始めたMさん。
きょうから勉強をスタートした新入生Hさん。
一足先に卒業し
てあて整体院のスタッフとして働くKさん。
そして太極拳導引仲間でもあるTさん。

認定に立ち会ってくれてありがとうございました。


あら木先生が辛抱強く指導してくださったおかげです。
入学当初は卒業生や卒業間近の先輩に囲まれて
触診もまったくわからず不安だらけのスタートでしたけども、
ここまでたどり着くことができました。
どうもありがとうございました。


そして、もうしばらくはリピート受講を続けて
手を作り込んでいきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

.29 2010 基本手技 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。