スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

解剖生理学03+基本手技16

解剖生理学も2巡め。
2回で1セットで1回めが骨格、
2回めが筋肉を主要とした内容となります。

1巡めの授業では
触診で主に触って診ているものの正体を
学習しているんだなと思ったことを覚えています。
その後も少しずつ自学自習していますので
前回よりは身近な感じもするのですが…。


座学は自学自習が基本です。
街中でも人をみれば透視してます。
姿勢をみては骨格や筋肉の状態を想像したり。
握手すれば、瞬間的に筋肉の状態や骨格を思い、
温度差を感じます。
これ、ちょっと行き過ぎかも(笑)


太極拳導引の練習なんかは
内観してたりするんで
それほど周りのことには注意を向けませんが
練習前後はどうしても目が行きますね。

でもまだまだ座学が足りないです。
少しずつでも積み重ねていくことです。
継続はちからです。



久しぶりの基本手技。
伏臥位を練習。
始めたばかりの人や見学の人と組むと
あのときの自分を思い出します。

ホント継続はちからだなーと
つくづく思います。

春ですね。Uさんもそろそろ試験かな。
がんばってほしい。見届けるって約束してるしね。
スポンサーサイト
.08 2010 解剖生理学 comment0 trackback0

基本手技[番外]Uさん、おめでとうございます!

Uさん

認定試験合格おめでとうございます!

ほんとによかったですね。
頑張りましたもんね。

先生のブログで合格を知りました。
必ず見届けるからと約束しておきながら
その場に居合わせることができませんでした。
約束を守れなくてごめんなさい。

わたしも後に続きたいです。
まだもうちょっと時間がかかりそうですけど…
.15 2010 基本手技 comment0 trackback0

基本手技17

本日の授業は卒業生のSDさんの代講です。
Sさんは昨秋から開業されています。

玄関を開けてあいさつしたら
「おはようございます!おひさしぶり!」と
明るい声とともに奥の部屋から
顔がちょこっと出たっと思ったら
ススーッと全身がすべり出てきて…
それってあら木先生とそっくりですよ♪


月曜クラスはこのところ
新入生がどんどん増えているので
SDさんが内弟子でいらした頃とは
練習生の顔ぶれもだいぶ入れ替わっています。
そこで授業前に軽ーく自己紹介をしたり…

開業を目前に控えたMさん、
Dさん@好い人、今月から通い始めたKさん、
そしてわたし@きづけば古株!?の4名で
まったりと基本手技の練習です。


Mさんは開業を控えているせいか
触診でも心身の緊張が伝わってきます。
でもよくない感じの緊張ではなくて
少しだけ不安の方が大きいのかなって感じ。
それはあって当たり前、自然なことだと思うので
ストレスとなるような性質のものではないように感じました。
むしろ“頑張ってるね”と励ましたくなるような
そんな状態だったと思います。

Kさんは今月からはじめたばかりですが
週2日通いなので、慣れてくればどんどん伸びえゆきそう。
そして気持ちの素直な女性です。
ニコニコしながら「わたし、もう一回練習してもいいですかぁ?」と
言ってくる練習熱心な一面も。

わたしは先週、先生から指摘された余計な動きについて
SDさんからアドバイスしをいただいたり
彼女の施術を見せていただいたりして、検証&研修。

開業してみてわかったことなど
具体的にお話してくださったりして
開業から間もない時期に感じるであろうことなど
先生のお話とはまた違った内容をきくことができて
有意義かつ楽しい授業となりました。


.29 2010 基本手技 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。