スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

PNF01

P(Proprioceptieve=固有受容感性器)
N(Neuromuscular=神経ー筋)
F(Facillitation=促通)


筋肉の性質を利用して
短時間に筋肉をゆるめることができる。
その結果運動機能が向上する。
もともと脳梗塞などの後遺症に対する
リハビリテーションから発展した手法だとか。

筋肉の性質を利用するため
やり方(方法)を覚える必要がある。
そのやり方とは
簡単に言ってしまえば
筋紡錘・腱紡錘を刺激して脳をダマすことで
短時間に筋肉をゆるめてしまうやり方。


術者は受け手にある特定の動作をさせて
その動きに合わせて負荷の程度を加減する。
そのため受け手の動きをリードしつつ
協調させていくコツがいるようだ。


動きのよくない部分を再現化させるには
主要筋を鍛えるのではなく
補助筋の活性化をはかることが有効
      ↓
運動速度をゆっくりめにする

そうすることで補助筋にまで
動かそうとする意識が届くようになる

首→肩→上肢→胴体部→下肢の順に行う



【きょうのメモ】

声かけが難しく感じた
励まし、動きを誘導するように声をかける

負荷の程度がよくわからない
左右差がある場合
同じくらいの負荷にすると
左右の動きがそろわなくなってしまう。
強めれば弱い方が遅れ
弱い方にあわせれば強い方が先行してしまう。
左右で負荷を変えると
誘導がおぼつかなくなってしまう。
慣れの問題か?

受け手の動きの方向に対して
負荷をかけるはずなのに
方向を間違ってしまう。

いたずらにあせってみても仕方ない
マイペースでいいんだから…
スポンサーサイト
.03 2009 PNF・ストレッチ comment0 trackback0

ストレッチ01

ストレッチはなぜやるんですか?

筋肉がかたくなっていると
その中を通っている血管が圧迫されて
血流が滞るようになり
肩こりや腰痛といった不快をともなうような
状態をひきおこしやすくなる。
日頃からそうした症状が出やすい人は
自分で意識的に筋肉をなるべく柔らかい状態に
ととのえる効果のあるストレッチを行う習慣をつくると
つらい症状を軽減したり出にくくすることができる。

そんなようなことを
しどろもどろになりながら答えたのでした。


患者さんを前にして説明するときは

・理論的に説明する

・情動に訴えるような言い方
 (「筋肉を伸ばしたり体を動かすと気持ちいいでしょ」
 「ストレッチをするとむくみもとれるしスッキリする」
 「ウェスト周りもスッキリしてくるし血行がよくなるから美容にもいい」
 というような類いのもの)

などが考えられる。

一般的に質問してくるような人は
ストレッチに対して興味があったり
積極的に取り組む意志があるようなタイプなので
理論的説明的な内容を求めているといえる。
いっぽう、はじめから興味を示さないタイプの人には
やる気にさせるような言い方をする。

いずれも話すときは自信を持って伝えること。



☆ストレチを行う際のポイント

どこの部位を伸ばしているのか
働きかけているのかを意識していること

リラックス状態で行うこと
息が止まっていると筋肉は伸びない

やり過ぎないこと



・骨盤が後屈している場合
 骨盤を立てる
 下肢の後ろ側(腓腹筋ヒラメ筋)が縮んでいる

・骨盤が前屈している場合
 下肢の前側(大腿四頭筋)が縮んでいる


【きょうのメモ】

PNFの復習はまったくできていなかった
相手との筋力差が大きく翻弄されてしまう
要領もつかめておらず、練習&理解不足


Fさんがついに卒業認定試験に合格。
おめでとうございます。

.24 2009 PNF・ストレッチ comment0 trackback0

ストレッチ02

台風11号の影響による強い風と雨。
ストレッチの2回め。
今回は動きのあるストレッチ
実際に患者さんに指導できるようになるのが
目的なんだけど、
その前に自分ができないんだな、コレが。
困ったもんだ。

同じことなんだけれど
意識の仕方がちょっと違うだけで
戸惑ってしまう。
違うと言われ続けてOKが出たときの感覚は
なんだコレかと思うようなことも。

ということは、実際に誰かに伝えようと思ったら
いろいろな言い方があるということ。
伝わればいいのだから。
.31 2009 PNF・ストレッチ comment0 trackback0

PNF02

今月はPNF
8月のときは1回しか受けられなかったので
今月はなんとかフルを目指して…


PNFとは
筋肉と神経の繋がりを良好にする方法
人間の正常な運動を分析して治療用に開発された
リハビリなど機能回復訓練の一つとして利用されてきた

PNFの特徴
PNFパターン(対角線・螺旋運動)と呼ばれる
「回旋をともなう」独特な運動パターンを用いる

人間の動き(運動)は、関節にしても筋肉にしても
特定のものだけでは動いていない「複合的な動作」である
 複合的な動作…対角線・螺旋の組み合わせ
         ↓
人間本来の動きである「対角線・螺旋」を重要視している

動きのよくない、動きの弱い部位に
本来の動きを思い出させ、パフォーマンスを向上させるための方法

テクニック的には、促通法を用いて
筋肉や腱のなかにある筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激、
これにより神経と筋のつながりを良好にする


PNFの効用
・筋肉の柔軟性を高める
・弱い筋肉を鍛える
 (バランストレーニング、スタビライゼーショントレーニング)
 ゆっくり動かすことで弱い筋肉まで使って動くようにする

 ☆バランストレーニングの例☆
 四つん這い状態で、頭部・首・後背部を伸展させた状態にしたまま
 右手ー左足、左手ー右足の各組みごとに
 ゆっくりと地面から離して後背部と同じくらいの高さまで持ち上げる
 (接地して体を支えている脚のつま先を離して
  膝だけで支えるようにすると負荷が高くなり難しくなる)
 
 ☆スポーツ現場で使われる事例☆
 筋肉は使ったあとにゆるむという性質を利用して
 目的に応じてクイックストレッチ(動作回数を減らし急速で行う)として
 短時間で運動能力を向上させる用い方もある
 

PNFの基本要領
・運動ライン(対角線上を移動しながら回旋をおこなう→対角線螺旋の動き)
  D2ライン…運動ライン
  ゼロライン…D2ライン上に手足を伸ばした状態
  D1ライン…治療ライン

・抵抗のかけ方
  弱(初動)→強(中間)→弱(終盤)

・動きを覚えてもらい実際に動いてもらうための
 口頭指示(バーバルコマンド)
・励ましのことばがけ・ほめる(good, nice)
・マニュアルコンタクト
 安定した正確な運動方向を導き、なおかつ、
 ターゲットとしている部位をよりピンポイントで刺激するため
 手技を行う前に、手による接触(マニュアルコンタクト)によって
 あらかじめ刺激を与える


実際に上肢パターン運動を幾つか行ってみた




【きょうの“!?”】

触診の説明で…
体側横の位置から上腕部を90度開くと
肩胛骨の下角は元の位置から30度開く

「そろそろ掌で脊椎に触れながら
温度差もわかるくらいには…」
との先生のことばに
“うっ、わかんなかったけどぉ”(汗


続々と新スクール生が参加してきている昨今、
グズグズしてるわけにもいきません。
いくらなんでもマズイでしょう。
焦るとか慌てるという次元のことではなく、
出入の流れも大切な自然のバランスです。
そのように考えてます。


土曜日(基本手技)にも参加するつもりと言ってたUさん、
いよいよ背水の陣を敷く模様。
後に続きたいのは山々なんだけど、
どうもまだ法規が抜けてるみたいな私。

半年で修了できるカリキュラムなんだから
やはり程々のところで…とは思うのだけれども
あと少しばかりの時間が必要になるのかもしれない。

な~んて言ってるけど、
身についてなければ卒業させてもらえないのにっ。
なーに言ってんだか…
.01 2010 PNF・ストレッチ comment0 trackback0

PNF 03

きょうは前回の復習からスタート。

☆座位によるPNF
 ・ルードアプローチ
   首の付け根~(肩峰を避けて)三角筋までの範囲を叩打
   (筋肉がリラックスして神経の通りが改善される)
 ・大小胸筋、僧帽筋(前・後)
   肘を屈曲させた状態で前方、前下方へ
   肘を伸展させた状態で上前方、下後方へ
 ・首(前・後)
 ・僧帽筋(上)

☆伏臥位によるPNF
 ・体幹ルードアプローチ
   首の付け根~腰椎と骨盤の付け根まで
   腰椎と骨盤の付け根から左右の大転子までを叩打
   (筋肉がリラックスして神経の通りが改善される)

☆仰臥位によるPNF
 ・上肢のパターン運動(仰臥位)
   対角・螺旋的な促通パターンを使って行う運動

  【狙い】主導筋の適切な収縮順序と収縮状態を覚えさせて
   運動パフォーマンスを向上させる(筋肉を使いやすくさせる)
   ことが可能になる

 ・エイト(仰臥位)
   8の字回転(対角・螺旋運動)
    *患者さんの肩の位置に自分の正中線をあわせる
    
    *患者さんの腕は丁寧に扱う(持ち替え時)

 ・肩の動きを向上させる運動(仰臥位)
   肩口を回旋させる
   *肘が曲がらないように片手を添え
    肩口に向かって掌で押す腰にして回旋軸をつくると
    患者さんが肩を回旋しやすくなる
   *患者さんの掌と自分の掌を90度ずらした状態で合わせ
    患者さんの親指の付け根を挟むようにして
    回旋方向に対抗圧をかける

 ・下肢のパターン運動(仰臥位)
   対角・螺旋運動(足首の内外旋・股関節の内外旋)
   

 ・腰部(仰臥位)
   捻りにくい方の膝を立ててもらい
   辛い方からラクな方へ動かしてもらい抵抗圧をかけた後
   ストレッチする
   *片手は患者さんの肩口に置く
   *立てる膝の位置を上下動することで
    アプローチする筋肉を変えることができる
   *体の使い方のクセがあるので
    狙っている筋肉を使わせるようにすること
      (手を添える位置や膝を立てる角度などを調整する)

 ・ハムストリングスPNF(仰臥位)
   膝を伸展させた状態で天井側に上げた状態から
   床側へおろしてもらう運動に対して抵抗をかける
   脚の上がる角度が広がるのに応じて多く上げるようにする



[きょうの復習]

PNFは短時間で行うことで効果が上がる
ひと動作3回くらいでテキパキと進めていくように
 →いま行っている動作の次をつねに意識しておくこと

ヒトの動きは対角・螺旋運動という複合動作である
PNFの動きも同じことを行っている
つまり無理のない自然な流れで動くはずの軌道になる。
動きがよくないのは、
そこになにかしらの原因があるのだろうと考える

筋肉と神経に本来の自然な動きを思い出させるのが
PNFを行う目的
それをつねに意識しながら実習するようにしたいと思う。
.08 2010 PNF・ストレッチ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。