スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

症例別01

症例別では臨床に基づく考え方と実技を学ぶのかなと
思っていましたが、はたしてどうなのでしょう。

症例別の1回めは
痛みの種類・腰痛でした。

痛みの原因というか、
痛みの正体とは何かと考えてしまうと
けっこうたいへん。

体の状態からすれば
痛みがあってもおかしくないのに
まったく痛みを感じない人もいれば
痛みを訴えるているのに
異常がみつからない場合もあったり。

どこまでが施術可能範囲と考えるのか。
そのためにも症例を通して
判断基準をもつようにしていくことが大切なのかと。
触診の精度や観察眼を養うことも
問診の仕方(必要とする内容を聞き出すための誘導力)も
結局は臨床であり体験数によるわけで。

その積み重ねのためにも
基準となる考え方を身につけることかなと。
そんな印象をもった初回授業でした。


【きょうのヒント】

・触診で何をわかろうとすればいいのか
 ようやくわかってきたかも。
 でも、一発では触れられないけど…


スポンサーサイト
.08 2009 症例別 comment0 trackback0

症例別02

症例別の2回めは
腰痛の続きと肩こりについて。

痛みのある部分には直接触れない。
最初から直接患部に刺激はあたえないということ。

腰痛だったら
背中や下肢などの緊張を解す
骨盤調整をし、
肩こりだったら
首や上肢、背中などの緊張を解す
というような手順に。

身体の調整は全体のバランスをととのえること。
特定の部分のみを意識しすぎてしまうと
その人らしいバランスを見失ったりする可能性も。
初見でその人となりを理解するのは
難しいからこそ
施術前後で少なくともラクになったかもと
思ってもらえるようにすることが最低条件に。
いうなれば平均的応急処置かと。
パーソナルなケアができるのは
リピートしてもらえればこそ。
初診でどれだけの信用を得られるか。

そのために必要なスタンスや
アプローチの仕方をひとりでくふうできるように。
学んでいるのは実技だけではないんだと思いました。

いまはまだ具体例を通して
どちらかといえば実技の習得よりも
こころがまえというのか
自分のスタンスさがしをしているような…。


【きょうの感想】
キネシオテープをはじめて体験

伸び過ぎた筋肉にも縮こまった筋肉にも
適度に動きを出させるというか
動きがラクになったように感じるから不思議。
テープが筋肉事情を補っているらしいが
まだよくわかっていない。
(でも翌日の朝、いつもと腰の感じが違っていた。
快適な感じ。ビックリ。なんでなんだろう?)

オステオパシーみたいなことも体験
術者の掌から温もりとともに
その人のいろんな状態が伝わってくる。
心理的な部分も何となくわかる。
戸惑っていたり、緊張してたり、
そういうことはけっこう伝わるものだと思う。
推手でも同じ。似てるかも。

症例という具体的な症に対しての
基本的な考え方(捉え方)を
まず理解できないと
具体的な対応法も導き出せないんだろうなぁ
.16 2009 症例別 comment0 trackback0

症例別03

症例別の3回め。

卒業生のSTさんが午前中の授業に参加。
STさんは今年5月に開業されたばかり。

今回は膝痛。
膝は関節だから、直接的な原因は
大腿骨(股関節)、腓骨脛骨(足首)の動きを
チェックすることになる。
受者によって自ら膝を動かしてもらう。
その動きを観察するので、
必要になるのは原因を読み取る目。

検査というと、つい局所に目がいきがち。
そのために視野が狭くなり、
全体のバランスからみようとする意識が薄い。
少し遠目に離れてみるようにするほうが
左右の膝の状態が比べられたりするのが意外。

指摘されればわかるけれど
自分ひとりではなかなか違いがわからない。
これが見えていない状態。

調整のための基準は
あくまでもその人の身体における
生理的なバランスを整えること。
つまり膝や肩などの場合は
痛まない方の状態にあわせて
患部の状態を整えることになる。

万人に共通する傾向はあっても
痛みはその人固有のもの。
また感覚的なものでもあるから
ひとくくりで考えることは難しいかとも思う。

結果的に痛みが軽減すればOK。
説明できることも大事だけれど
なんだかわからないけど
よくなってしまったということも
あるような気もしたり。

そういうことも含めて
少なくとも自分が判断して
なにかしら働きかけたもの
(指鍼・骨格調整・METなど)が
それなりの影響を導くことができるように。
最初は微々たるもので
ハッキリと自覚されないかもしれないけれど
考え方の方向といったものが
適正にできるように。

自分が判断することなのだから。
.22 2009 症例別 comment0 trackback0

症例別04

症例別の4回め。

質疑の時間を設けてもらっていても
何を質問していいのかわからない。
疑問に思うほどに
症例を見知っているわけではないし。


首の調整を行う。
首の付け根あたりは肩の範疇なんだろうか。
首なのか。

たいていの場合、骨が痛むわけではない。
骨を支えている筋肉に
なにかしらの不具合が生じていることが多い。

筋肉が硬いのはコリと表現されたり
張りがあると言われたりする。
人によって表現はまちまちだから
その人の主訴、伝えようとしていることを
なるべく正確に受け取らねばならない。
共通認識を持つためだ。

そのためには
読み取る能力、聴き取る能力とともに
相手の意としている内容を
どのくらい理解しているのかを確認する方法にも
くふうがいる。
抑圧的にならず、いたずらに不安を与えず、
頼り無さげな印象を与えず…。


基本は技術を身につけることだけど
それは総合的な全人格的なことまでも
含まれていそうな感じ。

症例ごとの対処法は暗記したところで
現実的とはいえないだろう。
だけど考え方の土台にはなるのではないか。
.29 2009 症例別 comment0 trackback0

症例別05

症例別の講義は2巡め。
はじめての時は内容についていくことだけでも
おぼつかない印象でした。
それでも2回めとなると少しは余裕もでてきたようで
たとえば…

症例、整体の場合のほとんどは痛みをともなう
体の不調なわけですが、そうした症状に対して
どこを診ればよいのか、
つまりどのような検査をして状態を確認するのか
どこに症状のもと(原因)があるのか
患者さんに伝わりやすい説明の仕方とか
症状を軽減・改善へと導くための施術の組み立て方
痛みが出にくくなるような生活環境などの提案の仕方
などなど

少しだけ自分なりの具体的な課題というか
テーマも持ちながら、
授業に臨めそうな段階になってきたようです。
とはいっても、まだ臨床経験がないので
まだまだ漠然としていて想像の域を出ませんが。
それでも、前回とは違う意識で聴講していることは確かです。

なんだかんだといいながらも
それらしき自覚が少しずつ芽生えてきてるみたい。
自然の成り行きもバカにはできません。




まずは「痛み」の種類に対する体の診方と考え方から


【体の診方・捉え方】

・痛み、不調の原因は「バランスの崩れ」にある
 その人なりの通常のバランスが崩れた状態をいう
 (平衡がとれなくなった状態かなと理解)

・バランスの崩れの原因は「環境の変化」
 自然環境、職場環境、生活環境、家庭環境、生理的肉体的変化など
 外的環境の変化が内的環境に影響を与える

★患者さんをとりまく環境を引き出せるような「問診の仕方
 施術の組み立て・患者さんへのアドバイス(提案)にいかす


【痛みの種類】

★慢性痛、機能的疼痛が主要対象となる

・急性(痛みが発生してから1週間程度までのもの)…ギックリ腰、寝違え、捻挫、打撲など
 急性の痛みが筋肉に発生している場合、筋繊維の断裂や炎症を起こしていることが多い
   →直接患部を触ったり温めることは禁忌

・慢性(痛みが発生してから1週間から10日を過ぎたもの)…腰痛、肩こり、膝の痛みなど
 患者さん自身も痛みの部位が特定しにくい(「この辺」「ここらあたり」が多い)

  ★施術対象としては慢性痛が主。
   ぎっくり腰は第一にアイシング。患部(腰)には触れない。
   どうしても施術せざるを得ないときは、とにかく下肢をゆるめる


機能的疼痛…運動時(体を動かしたとき)に痛みが発生しているもの(運動時痛)
           ↓
       「歩く」「寝返りを打つ」「かかむ」「立ち上がる」などの生活行動全般  
  ★整体など手技療法が有効
 
器質的疼痛…痛みの出ている部位を動かさなくても痛みが発生している場合
      (骨格の変形・軟部組織の変質が起きているもの)
           ↓
       手技療法の適用外となるので、注意して問診するように!

★炎症の場合は動かさなくても痛む場合がある→患部の温感や腫れ(腫脹)ぐあいを確認する


 患者さんの心理に惑わされないための問診のくふう

痛みを持つ患者さんは痛みのつらさ不快感をわかってほしいとの思いが強い
     →“いつも(恒常的に)痛い”と訴える

問診の際には質問のしかたをくふうする
     →「痛みが出ない姿勢はあるか」「痛みが出ない瞬間はあるか」
       これらに対して「ある」と答えた場合は、機能的な痛みと考えてもよい

★体性痛・内臓痛

 体性痛…皮膚・運動器(筋肉等)・結合組織に原因のある痛み
     表面痛(刺激が皮膚に限られる場合)と深部痛(筋肉痛、関節・骨などが原因の痛み)

 内臓痛…内臓などを形成している平滑筋の伸展、生理痛などの
     痙攣、血行不良、炎症などによって起こる
  ※腰痛の場合、腹部を押圧すると痛みを訴える場合が多く、関連性が考えられる

★神経性・心因性

 神経性…神経線維などが直接損傷を受けたときに感じる痛み
 心因性…精神障害や精神的葛藤などによってもたらされる痛み

★関連痛

 内臓が悪くなると背中や腰が痛くなることがあり、このような痛みを関連痛と呼んでいる
.07 2009 症例別 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。