スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

解剖生理学01

今月のカリキュラムは解剖生理学と基本手技。
今年改訂されたテキストを使っての授業となりました。

一般的な解剖学との違いは
整体や手技療法でとくに必要となってくる
運動系(骨格・筋肉)神経系を中心に学ぶ点。

また、一般的には一方向からの視点で
書かれているものが多いが
反対方向からの視点も大事である。

そして3Dで考えること。
平面的に考えてしまいがちになるからだ。
筋肉の重なりぐあいなど
実際に動いたときにどのように機能しているのか
運動機能が具体的に見えてくるように。

解剖学はそのための手だてということらしい。
基本手技の基本すらもおぼつかないのに
さらに座学も…
必要とあれば時間がかかっても
やるしかないでしょう。
スポンサーサイト
.07 2009 解剖生理学 comment0 trackback0

解剖学02+基本手技(09)

先週は体調不良で休んでしまったので
2週間ぶりの授業となりました。

午前中は解剖学の続き。
きょうは筋肉・脈管系を駆け足で。
解剖学はとにかく自分で
コツコツと地道に自学自習すること。

具体的に名前、位置、はたらきなどが
わかってくれば、体に対するイメージも
自然に変わってきます。

他人に説明することもですが
調整の仕方や部位などの判断にしても
本来どうあるべきなのかがわからなければ
手をこまねいていることになります。
自分に必要な学びなのです。



午後からは基本手技。
はやいもので9月も終わりです。
もうすぐ半年が過ぎようとしています。

きょうは先生を施術することになりました。
はじめて先生に受けてもらいます。

緊張しました。
細かな指示を受けました。
それは指の当て方の向きだったり
当てる部位の間違いに対しての修正だったり。

所見としては
指針が届かないときがあると。
そしてサクサクと言いながら行うようにとのこと。
そうすれば、サクサクした指針になると。

サクサクとした指針を覚えることが目標なのだ。
つまりそれが基本となる施術姿勢。
まずはしっかりとした土台を築くこと。




.28 2009 解剖生理学 comment0 trackback0

解剖生理学03+基本手技16

解剖生理学も2巡め。
2回で1セットで1回めが骨格、
2回めが筋肉を主要とした内容となります。

1巡めの授業では
触診で主に触って診ているものの正体を
学習しているんだなと思ったことを覚えています。
その後も少しずつ自学自習していますので
前回よりは身近な感じもするのですが…。


座学は自学自習が基本です。
街中でも人をみれば透視してます。
姿勢をみては骨格や筋肉の状態を想像したり。
握手すれば、瞬間的に筋肉の状態や骨格を思い、
温度差を感じます。
これ、ちょっと行き過ぎかも(笑)


太極拳導引の練習なんかは
内観してたりするんで
それほど周りのことには注意を向けませんが
練習前後はどうしても目が行きますね。

でもまだまだ座学が足りないです。
少しずつでも積み重ねていくことです。
継続はちからです。



久しぶりの基本手技。
伏臥位を練習。
始めたばかりの人や見学の人と組むと
あのときの自分を思い出します。

ホント継続はちからだなーと
つくづく思います。

春ですね。Uさんもそろそろ試験かな。
がんばってほしい。見届けるって約束してるしね。
.08 2010 解剖生理学 comment0 trackback0

解剖生理学+基本手技

9月に入りました。
今月は解剖生理学と基本手技。

スクールでは主に運動系と神経系を学びます。
運動系…骨格系と筋肉系

骨格…骨の在処(場所)、形
筋肉…筋の起始・停止の位置、介在神経

今週の内容は骨格系

骨格の形状でいえば脊椎
椎骨が互いに触れ合う関節面の様相の違いの確認など
TH12の特異な形状(上肢と下肢、両方の動きに関わる)

たとえば側わんも
単純なものなら胸椎の左右へのズレともいえるのだろうが
腰椎の前後のズレと複合されると捻りが生じて
やっかいそうにみえるんだろうなとか。
そんなことも想像したり。


座学の場合、生身の身体について学んでいるにもかかわらず
実感をともないにくいというか
どれだけ内部をイメージできるかで随分違ってくるんだろうな。
ボディマッピングはそういう面でも興味深い。

しかし自習だと解剖学は少しずつしか進まないんだなぁ。
やはりイメージがうまく描けなかったりすると
イマイチな気がする。
お絵描き感覚でやるのがよさげな感じ。




午後からの基本手技。
KYさんの認定試験チャレンジが続いている。
彼女の場合は事情が事情だけに
先生も一刻も早く合格して
研修に進んでほしいところなんだろうなと想像。

それにしてもいままでみてきた認定よりも
細かなチェックが入ってるような気もしたり。
認定はゴールではなくスタートだと
先生はいつも話している。

スタートラインに一度は立つことには立ったんだけど
まだ足りないものがいろいろあったということで
再試験の準備中。
なんかだんだんわからなくなってきている。





【きょうの「そうだったんだ!」】

足について
第1~3趾→距骨→四頭筋(前側)
第4、5趾→踵骨→ハム(後側)

四頭筋使いたがる傾向にある自分の場合
外反母趾だったり捻挫した経験があったり
そういうことを思い起こすと、
なんで使いたがるのかがわかるような気がする。

身体はほんとにありとあらゆる方法を試してでも
バランスを保とうとするのが本来なのだろう。
はじめからある(持って生まれた)やり方でいければいいものを
後天的に身につけたクセと呼ばれる習慣を
身につけてしまったばかりに苦労しているようなものかも。

.06 2010 解剖生理学 comment0 trackback(-)

解剖生理学+基本手技

解剖生理学後半

きょうは筋肉、神経系。


筋肉の名前とともにその存在部位や起始停止の位置を
把握しておくこと。
ちなみに筋肉はおよそ600くらいあるそうな。
ふぅw。

先生が筋肉の質について話している時に
最近多いタイプとして
重たい筋肉、ふわふわした筋肉
というのがあるそうだ。

実際に触ってみたくなるなぁ。
言葉できいていると
自分の体験した世界のイメージで
勝手に想像しちゃうので…。


神経系ではどうしても自律神経に
ひかれてしまう。
自分が散々苦労してきたから。

交感神経と副交感神経の切り替わりは
スイッチのオン・オフのように
なっているわけではない。
切り替わるとはいっても
バランスの移動をさしているだけ。
両者が同時に存在していることに変わりはない。



どちらかが働かなくなってしまうときは
たぶん死ぬときじゃないのかなぁ。
いのちってそういうものなんだろうなと
最近は強く思う。

交感神経が亢進しすぎると
副交感神経が働き出して
亢進を抑制するとかっていうけれど、
生命力の主体というか
活き活きしてみえるのは
たぶん交感神経の働きなんではなかろうか。
活動を支える交感神経。
そして副交感神経は
交感神経をよりよく働かせるための
スパイスのような存在かと。

現象としては抑制にみえても
両者の関係は対抗関係というよりも
相互的な関係なんじゃないのかな。
もっと言えば同根的なもの?


かつて自分が自律神経失調で
過呼吸症候群を患ったのも
心身の過緊張状態に歯止めが効かなくなって
体が生き延びるためにとった
緊急措置だったのだと思う。
いまならよくわかる。

あの時の自分の体の状態で
人並みの学生生活を送ろうと思ったら
かなりの取捨選択をしなければならなかったのだ。
でも、そんな発想は自分にはなかったし
いま(現在)を満喫したかった。
友達と同じことをしたかった。
でも叶わなかった。
それは当たり前のことで。
心理面でもすでに交感神経優位になってて
体も頑張ろうと交感神経優位だったのだから
副交感神経はつねに働き詰めだし
これじゃ疲労しきるわけで。

でも誰ひとりとして
当時の私に納得のいく説明をしてくれる大人は
いなかった。
というか自分にはまだ理解できるほどの
経験もなかったのかもしれない。

自分の体がどうなっているのか知りたい。
これはいまも変わらない。



午後からは基本手技。
先生に受けてもらいながら
幾つか確認をする。

つぶす感じは押すのとは違うし
どんなものをつぶすイメージでよいのか…
そんなことが気になったり。

なんか解らなくなってきたんだなぁ。
迷い始めちゃったみたいで。
でも、ようやく自分なりに固まってきたかも。
それでも伏臥位のみだったけど
まぁいいんじゃないですかと。

ちょっとだけ見えてきたってことなのか?
ほんとにこんなもんでいいのかな


先週の土曜クラスで
ついに認定試験に合格したKYさん。
見学者にスッキリと迷いのない施術をしていたっけ。
気持ちというのか心の有り様というのか
合格するとみんなふっきれたような施術をしている。
おめでとう。これから研修が待っている。頑張れ
.13 2010 解剖生理学 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。