スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

基本手技01

5月に入って基本手技がスタートしました。


が、またまた出遅れました…。

仕事と脚の怪我(火傷)の経過のせいで
初回欠席、そして本来ならば2回めとなる授業を
治療後に遅刻見学という形での参加に。

来週は施術だけでもできるくらいに
快復していることでしょう(と思いたいです)。



そしてやはり見学するだけでも学びはできます。
同じように先生から学んでいるのに
ひとりひとりの個性が現れてくるのはおもしろいですね。
技術あるいは意識などの進化の過程段階によって
少しずつ違いがあるのは自然なことですが、
私が感じたのはたぶん、そういう側面よりも
その人本来のカラーが練習段階から
すでに見え隠れしていることに感心したというのかなぁ。

生身が生身に触れ合うことで相互に反応している
命あるもの同士の交流を見ているような。
術者だけでは成立しないんだなぁということなどを
感じていました。

おもしろそうです。
なんてお気楽なことをいってられるのも
いまだけかも。
スポンサーサイト
.18 2009 基本手技 comment0 trackback0

基本手技02

今月は基本手技月間。なのに参加できているのは半分。
そして今回も通院のために遅刻しての参加となったのですが…

玄関でまずビックリ。
足の踏み場もないくらい靴がたっくさん。
満員御礼でした。11人くらいいたのでは?

ということで触診を中心に進行してました。

触診は…
まだまだ慣れません。
月イチの触診教室に参加したいのですが
怪我や時間的なことで実現できずにいます。

触診される側(受者)でいると
術者によって圧の程度はもちろん
触り方までも微妙に違うことがわかります。
そして術者の心理状態?のようなものも
伝わってきているかも…

たとえば同じように丁寧な触診をしていても
迷いがなくストレートな感じがする人と
自信なさげだったり不安そうな感じがする人がいます。
その背景には触診経験の差もあるのでしょうが、
それだけではないもの、
たとえば考え方とか心構えというのか
そういったものも少なからず影響しているのかもしれません。
初心者だからこそわかろうとする、
わかると信じ続けることが大切といわれる理由も
そこにあるのでしょう。



その後は基本手技に。
他の人は何度となく聴いているのでしょうが
私ははじめてです。

背中は伸ばした状態、首の力を抜く、
肩-肘-手首-母指のラインを一直線に保つ
上肢の遊びをなくしてしまう。
その上で股関節を折るようにして圧
すぐに引く(肘を曲げる感じ)
手元を見ない(頭を下げない)

基本の姿勢と要領なのですが
実際にやってみても簡単というわけではありません。
受者の体型も状態もさまざまなので
その都度自分の体の位置も微調整する(はず)。
そうしないと無駄な力が体に入って
疲れるし、自然な動きにならないことはわかりました。

自分だけでは成り立たない、
整体は術者と受者との協調によって成り立つのかも。
なるべく受者に負担をかけずに
そして術者自身の負担も減らすようなやり方で
バランスを調整する。
なるほど…




【きょうのヒント&感想など】

触診……
・仙腸関節の動きが硬い場合
 頭、手の甲、足の甲なども硬いことが多い

・肩胛骨下角の探し方に苦労した
 思った以上に横側にある
 自分が触っている骨が何なのか
 肩峰を目安にして掌で包みこむようにして指先で探る?

・自分の体の軸を受者の中心線にあわせる

・触診でみているのは何か
 骨格の位置や状態だけではないような
 筋肉の硬さ・緊張感などといった状態や
 つきぐあいやバランスなどを観察しているのかな


基本手技……
・姿勢がすべて。まずは姿勢を体で覚えることかと。

・背筋が伸びて頭の位置が一定すれば
 腰の位置も決まりそうな感じ

・足の置き場。
 受者の顔の向きによって前に出す足が
 決まるような気もするのだけれど…
 これも円襠だと思う。支えるための足位置。
 腰がゆるまないと股関節も自由にならない。

.27 2009 基本手技 comment0 trackback0

基本手技03

基本手技の3回め。

今回からようやく手技の手順を教わります。
まずは伏臥位から。
最初から7行程まで、
背中・肩・上腕・肩胛骨・腰部・臀部。

いろんな部位に刺激を入れるわけですが
その度に基本姿勢を確認します。
的確な刺激を入れるためには
その部位に適した無理のない姿勢を
いかにしてととのえるか。

患者さんの体をととのえるためには
自身の体をととのえられることがカギです。
どちらにとっても無理があるのは
よいことではないのでしょう。

これはつねに意識するようにしようと思いました。


姿勢については、視線の位置。
顎の出しすぎも引きすぎも、首筋が緊張します。

患者さんをまたぐ態勢をとるときの
脚を開きぐあい。
これもなかなか微妙です。
床に膝をつく場所が患者さんに近すぎてもいけないし
患者さんの背中越しに伸ばし出す(跨ぐ)方の脚も
微妙です。
おそらくは患者さんの肘近くになりそうだけれど。

この姿勢で緊張しないバランスを探すには
まだまだかかりそう。


肝心の指鍼の姿勢は
まっすぐな状態をつくることができていません。
肩・肘・手首・母指が一直線に並びません。
要は関節の遊びをなくすということなのでしょうが
だからといって緊張させるというのとも違うわけです。

まぁ最初からうまくいったら、修行にはならないわけで。
すべてはこれからです。
あせらず、たゆまず、あきらめず、です。


【きょうのひとこと・ヒント】

・位置を移動するときには体をまたがない。

・自分がラクな(自然な)姿勢をとれなければ
 患者さんもラクになれない(緊張が解けない)

・まっすぐな刺激を入れるためには
 部位に対して垂直な角度を保てる姿勢を探すということかな?

.01 2009 基本手技 comment0 trackback0

基本手技04

基本手技の4回め。

実質的に施術内容を教わるのは
これが2回め。
今回で伏臥状態での施術内容を
すべて教わることになる。

指先の向き、体の向き、姿勢、
手指をさす角度というか方向というか…
気になりはじめると、際限なく気になってくる。
すると考えるなと言われる。
考えるなら
視線をもっと前方上に向けて考えろとか。

言われる意味はわかるのだけれど
身体に伝わっていない。
練れていないというわけだ。

スクール終了後に
Yさんの身体をお借りして復習。


冒頭に触診練習を行う。
部分をみないでつながりを観る。
掌で診るのだから
受け手の身体にそわせて動かさねばならない。
そのためには手首の力を抜く
手首の力を抜くには肘の力を抜く
肘から動かすようにして手指を移動させていく。
手と目の距離は一定に保つ。
つまり手と目は一緒に移動するということ。
それは上体が一緒に動くことかと。

先生の身体を触診したとき
もう少し力を入れるように言われた。
掌への意識が足りなかったみたい。

意識の質によって感触が変わる。
表面(皮膚の状態や温度差)を診る、筋肉を診る、
骨の状態を診る。
対象によって診ようとする意識の働き方が
微妙に違うらしい。
だから何を診ようとして触っているかを
明確にすること。
意識的に触るからみえるようになる。

.06 2009 基本手技 comment0 trackback0

基本手技05

今回から仰臥状態。

足部→腹部→上肢と、
身体の下部から上部へと移動していく。
足部は術者に近い側は上から下へ
遠い側は下から上へと当てていく。

足の内側方(遠い側)は2方向あり
三陰交を境にそのまま上部へいくルートと
腓腹筋に沿っていくルートがある。
指先の向きに注意して受け手に不安感を与えない。

視線は前をみているので、手指の触感が頼り。
筋肉や骨を確実にとらえていくことか。


腹部は右手を受け手の左側スペースに着いて
上体を支えるようにして受け手の腹部の上に
術者の上体をもってくる。
足は右膝をつき左足で位置を調整。
肘を伸ばした状態をつくってから
お腹に置く。押すのではない。
そこからスッと上に引き上げるようにする。

なかなかうまくいかなかったのは
手に力がはいったからだ。
これはそのまま聴勁の要領だ。
掌で腹の中を感じていると吸いつく。
あとは肘を折って肘から上に移動する感じかな。

上肢は掌を上にした状態と下にした状態で
方法が変わる。
掌の向きを変えるときには
受け手の肘に手をそえて動きをしやすくする。

掌が上向きのときは
上腕二頭筋の真ん中、左右45度の3方向を
上から下方向に肘関節をとばして手首まで行う。

掌が下向きのときは
真ん中は手首から三角筋下まで
右45度は腕の付け根近くまで
肘関節を避けるようにして
下から上方向へと当てていく。

左45度は2段階。
まずは手首から肘関節下まで。
次に肘を支えながら床面から救い上げるようにして
上腕骨をめがけて指先をあてていく。
あてるというよりも受け手の腕の重みを利用して
乗っけているような感じに近いか?
肘を支える手は押さえつけているわけではないので
力は入れ過ぎない。

残りは次回とのこと。
だんだんややこしくなってきた。



【きょうのひとこと】

はじめに形をつくってからあてる
肩から指先までを一本の棒にする
そのためには脇をしめる
太極拳の習慣からか、ついつい脇が甘くなる

どんな状態でも求められた姿勢をつくれるように。


集中の仕方がまだつかめていない。
「ぼーっとする」という表現にこめられた
そのココロがつかめてないなぁ。
.13 2009 基本手技 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ゆぇふぁ(月華)

Author:ゆぇふぁ(月華)
10代で過呼吸症候群を発症、自分の体や心と向き合う「からだまなび こころまなび」が始まりました。
当初は病を克服することが治癒だと信じてました。しかし思いのほか病との付き合いが長引くこととなり、しだいに克服への気力も萎えて心身ともに諦め始めた自分に絶望。引きこもり状態を経て再び光りを見出したときには発作は起こさなくなっていました。

長い時間をかけてようやく覚りました。病は健康の一つの姿(状態)にすぎないのではないかと。病が問題なのではなく、病になる自分を認めたがらない気持ちがよけいな苦悩を招くのではないか。そんな気持ちを捨てられたなら、ありのままの自分を受けいれられたなら、もう少し自由になれるのではないかと。その思いはその後、太極拳導引と師に出会ったことで確信へと変わりました。
太極拳導引からは、これまでの学びを日常生活に活かし実践するための「具体的な方法と考え方(養生)」を学んでいます。

養生で求める状態は中和です。和みはさまざまなバランスがととのっている状態(調和)です。自分自身のバランスだけでなく、自分と自分を取り巻く環境(他者)とのバランスも意識して自らをコントロールすることを、少しずつ身につけていくことかと思います。
これまでは自分をととのえることばかりに目を向けていましたが、もう少し視野を広げながら養生と取り組んでみたいと思うようになり、それなら身近で興味もあった整体を学んでみようかと。
そして縁あって『てあて整体スクール』にお世話になることに…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。